口コミでは絶対に分からない、本当に良い歯医者を見つけられます | 予防歯科ネット

C2|歯とお口の用語解説

アルファベット・数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行

C2(しーつー)

C2

むし歯の進行度合いの1つで、むし歯象牙質に達し、まだ歯髄に達していないものです。症状は、噛むと痛い、冷たいもの、甘いものがしみるなどがあります。
C2という表現は、歯科従事者(歯科医師、歯科衛生士など)の間の会話やカルテで使われます。

予防歯科として積極的に治療する状態になっていますが、口の環境を整えることからはじめて、その後治療を行います。

予防歯科でない場合は、口の環境に目を向けることなく、とにかくその歯のみを治療しがちです。

前のページへ戻る

歯とお口の用語解説

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

サイト内検索

歯科衛生士求人

歯科衛生士専門のお仕事探しのお手伝い 『歯科衛生士求人ひろば』

歯科衛生士・歯科助手求人

歯科衛生士・歯科助手の求人サイト「歯科のおしごと」歯科衛生士・歯科助手の求人サイト「歯科のおしごと」

広告

PAGETOP
Copyright © Glomouth Inc. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.