口コミでは絶対に分からない、本当に良い歯医者を見つけられます | 予防歯科ネット

フルオロアパタイト|歯とお口の用語解説

アルファベット・数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行

フルオロアパタイト(ふるおろあぱたいと)

歯や骨の主成分である、ハイドロキシアパタイトに、フッ素が取り込まれたものです。

お口の中にフッ素があると、再石灰化の際に、そのフッ素が取り込まれて、フルオロアパタイトが作られます。

フルオロアパタイトは、ハイドロキシアパタイトよりも、細菌の出す酸に対して、溶かされにくい性質を持っているので、フルオロアパタイトが形成されると、むし歯になりにくくなります。
フッ素むし歯予防になる」と言われるのは、このためです。

予防歯科としては、継続的なフッ素使用により、フルオロアパタイトを形成し、脱灰を防ぐ施策を行っています。

前のページへ戻る

歯とお口の用語解説

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

サイト内検索

歯科衛生士求人

歯科衛生士専門のお仕事探しのお手伝い 『歯科衛生士求人ひろば』

歯科衛生士・歯科助手求人

歯科衛生士・歯科助手の求人サイト「歯科のおしごと」歯科衛生士・歯科助手の求人サイト「歯科のおしごと」

広告

PAGETOP
Copyright © Glomouth Inc. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.