口コミでは絶対に分からない、本当に良い歯医者を見つけられます | 予防歯科ネット

口腔内写真|歯とお口の用語解説

アルファベット・数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行

口腔内写真(こうくうないしゃしん)

口腔内写真とは、口の中の状態を記録する写真のことを言います。通常、一般的なカメラで撮影します。(もちろん、性能は良いものを使用するケースが多いですが)
歯と歯ぐきの状態、歯と歯の位置関係(かみ合わせ歯並び)を記録し、治療前と治療後の評価や、時間が経ったときの変化を客観的に評価するために撮影します。

レントゲンでは、歯の内部や神経、歯を支える骨を見ることはできますが、歯と歯ぐきの表面を見ることはできません。口腔内写真は、それを補う役割を果たします。

予防歯科では特に、時間が経ったときの変化に注目し、変化が起きたときに、何が原因かを明確にし、メンテナンスの効果を高めます。

前のページへ戻る

歯とお口の用語解説

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

サイト内検索

歯科衛生士求人

歯科衛生士専門のお仕事探しのお手伝い 『歯科衛生士求人ひろば』

歯科衛生士・歯科助手求人

歯科衛生士・歯科助手の求人サイト「歯科のおしごと」歯科衛生士・歯科助手の求人サイト「歯科のおしごと」

広告

PAGETOP
Copyright © Glomouth Inc. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.