口コミでは絶対に分からない、本当に良い歯医者を見つけられます | 予防歯科ネット

ルートプレーニング|歯とお口の用語解説

アルファベット・数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行

ルートプレーニング(るーとぷれーにんぐ)

歯の埋まっている根の部分の表面に、歯垢歯石が溜まっていると、バクテリアの毒素に感染し、歯周病を悪化させます。その部分を治療器具で取り除きかつ表面を滑らかにすることを、ルートプレーニングといいます。

理想的なお口の環境ができたと仮定すると、歯の根には汚れがたまらないので、行う必要はありません。(実際は、理想的な環境にならないことが多いですが)

予防歯科では、付着する前の環境づくりに力を入れています。

前のページへ戻る

歯とお口の用語解説

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

サイト内検索

歯科衛生士求人

歯科衛生士専門のお仕事探しのお手伝い 『歯科衛生士求人ひろば』

歯科衛生士・歯科助手求人

歯科衛生士・歯科助手の求人サイト「歯科のおしごと」歯科衛生士・歯科助手の求人サイト「歯科のおしごと」

広告

PAGETOP
Copyright © Glomouth Inc. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.