口コミでは絶対に分からない、本当に良い歯医者を見つけられます | 予防歯科ネット

再石灰化|歯とお口の用語解説

アルファベット・数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行

再石灰化(さいせっかいか)

歯は、お口の中の環境により、常にカルシウムが出入りしています。中でも、カルシウムが歯に戻ることを、再石灰化と呼びます。カルシウムが出ることを脱灰(だっかい)と呼びます。

食べ物を食べると、お口の中が酸性になります。すると脱灰が起こります。その後、唾液の働きなどによって、お口の中が中性に戻ると、再石灰化が起こります。つまり、脱灰によって歯の表面が少し溶けだす→再石灰化によって元に戻る、を繰り返すのです。

ただし、再石灰化は、細菌感染によってできた穴(=むし歯)を元通りにすることは、決してできません。そんなに大きな穴に対する作用ではないのです。

予防歯科ではカルシウムの出入りに注目し、カルシウムが常に戻っている状態を作るように、食べ物の食べ方、頻度、歯みがきのやり方などをお話しして、一緒に考えてもらうようにしています。

前のページへ戻る

歯とお口の用語解説

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

サイト内検索

歯科衛生士求人

歯科衛生士専門のお仕事探しのお手伝い 『歯科衛生士求人ひろば』

歯科衛生士・歯科助手求人

歯科衛生士・歯科助手の求人サイト「歯科のおしごと」歯科衛生士・歯科助手の求人サイト「歯科のおしごと」

広告

PAGETOP
Copyright © Glomouth Inc. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.