口コミでは絶対に分からない、本当に良い歯医者を見つけられます | 予防歯科ネット

デンタルフロス|歯とお口の用語解説

アルファベット・数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行

デンタルフロス(でんたるふろす)

同じ意味の用語

フロス(ふろす)・糸楊枝(糸ようじ)(いとようじ)

用語解説

歯と歯の間に付着した歯垢(しこう)を取り除くために用いる、糸状の清掃用具。

糸だけのものと、柄のような器具に糸が張られているものと大きく2種類あります。
銀歯など、詰め物が多い人は、引っかかってしまったときにとりやすい、糸だけのものを使用した方が良いです。

また、糸にワックスが塗ってあるものとないものもあります。
ワックスが塗ってあると、すべりがよくなるので、フロスが通りにくい人は、ワックスありのものを使用すると良いでしょう。フロスが通りやすい人は、より汚れを絡めとるワックスなしのものの方が、効果は高いです。

予防歯科では、むし歯になりやすい部分の清掃には、必ず必要になる清掃用具と考えています。

前のページへ戻る

歯とお口の用語解説

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

サイト内検索

歯科衛生士求人

歯科衛生士専門のお仕事探しのお手伝い 『歯科衛生士求人ひろば』

歯科衛生士・歯科助手求人

歯科衛生士・歯科助手の求人サイト「歯科のおしごと」歯科衛生士・歯科助手の求人サイト「歯科のおしごと」

広告

PAGETOP
Copyright © Glomouth Inc. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.